roku201403.jpg




--------

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑ランキングに参加中!押して頂けると嬉しいです!


2012-03-09

 酸素の供給を変えてみた 

201202058.jpg


酸素っておいしいですよね。
人類が地底に住み始め早一千年余り。今となっては空気は貴重な存在です。
知ってましたか?人類が地底に住み始めた切っ掛けを。
それは「冬は土に埋もれて暖かく夏は日差しがなくて涼しい気がしたから」だそうです。
でも空気が薄いことまでは頭に回っていなかったらしく気付いた頃には
すでに地底に足が根付いてて、みんな口を揃えて「地上に出たら負けだと思ってる」と言ったそうです。
そしてストローで地上の濃い空気を吸っていた。

行きつけの「KU-KI・Bar」店長に聞いた所、
最近はストローにメンソールを塗って空気を吸うスタイルが流行しているそうです。
フレッシュなエアーにスカッシュな口当たり、堪りませんね。


寝不足かな・・・。


201202039.jpg

ここ数年ずっとエビ中心に飼っていたので上の写真の酸素供給しながら濾過も出来るし水流も作る
Tetraのブリラントフィルターは鉄板のように使ってました。
しかし今回はエビもそろそろ卒業したい、水草をちゃんと育てたいということで
24時間エアレーションしちゃうし水槽内で場所も取るブリラントフィルターは撤去することにしました。



201202040.jpg

そこで今回導入してみたのがこちら↑
グリーンズさんのインラインエアストーンです。
外部濾過器があれば排水ホースの途中に繋げることで水槽内にエアチューブとかストーンとか
入れなくていい=水槽内スッキリ!という代物。



201202041.jpg

↑組み立てるとこんな感じです
*ネジ部分に水漏れ予防のシールテープを巻いてます



201202042.jpg

↑排水側のホースに接続
*写真はホースバント使ってないですが使った方がいいと思いますよ!



201202043.jpg

↑排水口からポコポコと。
これで好きな時間だけエアー供給出来るし水槽内も余計なホースを入れなくて済みます。
エアポンプの稼働時間は消灯時だけにしました。
二酸化炭素設備はないので気持ち的にもCO2濃度上がるんじゃないの!?的な考えでそうしました。

そうそう、写真を見ても分かるように排水口のパイプをDo!aquaのポピーグラスから
かなり前に自作したアクリルパイプに変えました。
理由はブリラントフィルターを撤去してポピーグラスだけでは深い所の水流がほとんど無くなってしまったから。
またシダ系の水草が多い水槽なので根本に水流ないとシダ病の恐れがある(止水ができる)と
ネットでお勉強させて貰ったのでその対策に!





↑ランキングに参加中!押して頂けると嬉しいです!


COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

もしかして吸水側も自作ですか!?

やってみようかな・・・

2012/03/09(金) |URL|B.B [edit]

>B.Bさん
吸水側ももちろん自作です!
アクリルパイプは結構安いし加工しやすいんで
楽しめてオススメですよ~!
でも最近はステンレスパイプの方に興味津々ですw

2012/03/09(金) |URL|ろくろー [edit]

>ろくろーさん
やってみます!
うちもミナミの稚エビがいるので吸水側のスポンジははずせませんけど

こりゃネタが尽きそうにないですね~(笑

2012/03/09(金) |URL|B.B [edit]

>B.Bさん
稚エビ給水スポンジないとどんどん吸われちゃいますもんね・・・w
アクアリウムはどんどん新しい魚や水草や器具など
リリースされているのでネタは尽きませんねーw

2012/03/10(土) |URL|ろくろー [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://rokurolab.blog.fc2.com/tb.php/12-5ad53b11

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。