roku201403.jpg




--------

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑ランキングに参加中!押して頂けると嬉しいです!


2014-12-27

 オネマ第2水槽の掃除と水槽?追加 

20141274.jpg

前回の記事で掃除した60cmワイド水槽の上にも同じサイズの水槽があります。
こちらの方も同じく掃除しました!無駄にキューブガーデンです。


20141275.jpg

完璧に掃除した器具を取り付けていきます。濾過ポンプの中身も新品、完璧です。


20141276.jpg

残りのオネマも1本1本洗浄して仕立て直し入れました。
スペースに余裕がありそうだったので下のオネマ水槽から一列こちらに持ってきました。
詰め込みすぎも蒸れ蒸れで環境悪くなりそうですからね・・・。
それでもちょっとスペース余りましたね、ウヘヘヘ新たに導入できそうぜぃw


20141277.jpg

こちらも中々熱いラインナップになってます。
手前は"しるば~らいん"のトリカラバージョンさん、エロいです。

これで無事水上水槽3本とも綺麗になりました。復帰してからほぼ毎晩掃除頑張りましたw
しかしまだ気になるところは色々とあります。
とりあえずはこちら。


20141278.jpg

今回掃除した水槽のサイドですね、常湿で育ててた葉っぱが少しいたのですが
半年ほぼ構ってあげれない状態が続いてボロボロです・・・。


20141279.jpg

まずは一旦撤去して掃除しつつ、ピタリ適温を敷きます。サイズもピタリ。


20141280.jpg

その上に幅がちょうど合いそうな小型水槽を設置。
後ろの少し余ったスペースにプラケースを2個ほど設置。
プラケースの中身は
Homalomena sp. from Kalimantan Barat
Homalomena sp. レッドタイプ from Sulawesi【LA】 です。


20141281.jpg

水槽内に今回オネマに使ってるのと同じ鉢を入れます。6個ほどピッタリ入りそう!


20141282.jpg

その上に重ねて(間にミズゴケ挟んでます)同じ鉢に入れた葉っぱを入れ、
水を2段目の底に当たる程度の水位で入れました。
ここに入れた葉っぱは常湿で育ててた
Aglaonema cf. "Redline"
Aglaonema Simprex ver.Metallica
Aglaonema sp. White Line "Pulau Lingga"

と、オネマ水槽から茎がしっかり育ってる

Aglaonema pictum tricolor "西スマトラ産"
Aglaonema pictum "緑三色D.F.S" from Sumatera Barat【AZ1212-2】

そして手前に
Haworthia hyb. "A型joeyae(RSA Eastport) × ドドソン紫オブツーサ"
をちょこんと、こちらは水に触れないように。


20141283.jpg

照明がヴォルテスのままだとすでに葉っぱに当たりそうなので・・・、


20141284.jpg

薄いLEDへ変更。


20141285.jpg

遊び心も忘れずに・・・。


20141286.jpg

そんなこんなで出来上がりです。オシャレ感は皆無だけどオモチャっぽくていいでしょ?w
水を貯めてるのは水切れ防止とジャブジャブ上から水を掛けれるから。
そして足湯的なほんのり根っこ暖めたら何もないより少し元気になるのかな?と。この部屋寒いので・・。

以上で年内中になんとか手持ちの植物に気になってた処置は全部できました。
90P内に入ってるブセの髭苔の木酢処理はまだだけどねw年明け追々やっていきます!

これにて今年のブログ更新は最後にしようと思います。
また来年もこっそりでも密かにでも全然いいのでブログ観てやって下さいm(__)m
僕としては来年は一年を通してこの趣味を続けられることが目標です!w

では皆さま、良いお年を。



↑ランキングに参加中!押して頂けると嬉しいです!


スポンサーサイト

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。