roku201403.jpg




--------

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑ランキングに参加中!押して頂けると嬉しいです!


2012-06-16

 finさんのシャークパイプ 

201206006.jpg

水草工房finさんオリジナルの「steel shark pipeⅠ」を設置しました。
見ての通りかなり特殊な排水口です。
出力高い外部濾過器用で排水出力を両サイドで殺しつつ、小さな複数の穴から適度な水流を作ります。


201206007.jpg

横から見たらこんなカンジ!
前が排水2本出しだったのでスッキリしました。
給水もメタルなので渋い感じに、イイネ!


201206008.jpg

対面のCO2はどうなったかというと、写真の通りファッサ~と旨い具合に拡散しています!
真下の水草はほとんど揺れていませんのでソイルを巻き上げる気配もないです。
水流が直接当たる箇所もほとんどないのでヒゲ苔対策にもなりそうです。


201206009.jpg

お陰でCO2がより溶けやすくなって水草の気泡が増えました。
ブセからも気泡が出るようになったよ!


201206010.jpg

ガラス面のコケもさほど出なくなりました。
これはオトシンネグロ7匹が効いていると思いますw
レッドビーはCO2がよく溶けるようになってから週2~3匹落ちるようになってしまいました・・・。
今は水草重視なのでほとんど居なくなってしまったら諦めて、丈夫なヤマトに切り替えて小型の魚を飼うかもしれません。
魚の泳いでいない水槽なんて水槽じゃない!と嫁さんにも日々言われているのでw

照明点灯とCO2添加は1日5時間、酸素は消灯の間に17時間。
水換えは1週間に1回15L。添加液は休止中。
水草にコケの発生や枯れ葉は確認出来ず、2週間程トリミングしていません。
レッドビー除けば順調のようです。



↑ランキングに参加中!押して頂けると嬉しいです!


スポンサーサイト

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。